誰も悪くない、という赦し【東京のヒプノセラピーサロンCOUCHE JOURNEY】

query_builder 2021/03/24
ブログ
D7DC8FEC-ECDA-4126-9373-038BEDFE48F0


今日は人間関係に悩まれる方に向けて、少しヒントとしていただけたら嬉しいお話をしたいと思います。


私自身の体験です。 

私は幼少期、とても厳しい母に育てられました。周りの友達が許されているテレビ番組の鑑賞や、遊びに行ったときの帰宅時間や遊びに行く場所を厳しく制限されており、とても息苦しい想いをしていた記憶が強くあります。ですが、自分が親になった今、母が、ただ私を守りたかったのだという気持ちが理解できるようになり、私自身の息苦しさは手放すことにしました。 それでも、ある日友だちに言われた「ちづると遊んでもテレビの話わからないし、早く帰っちゃうからつまんないよ。」という言葉を言われたときの悲しみは覚えているため、私は自分の子供には、できる限りの自由をあげたいと思いました。 

そんな想いから、娘と息子には安全を考慮する中でのできる限りの自由と、過干渉をしないことを意識し子育てをしていたのですが、ある日高校生になった娘に衝撃の一言を言われました。

「ママって、他の家の親に比べて、子供に関心ないよね。」

そんなふうに思われていたとは言われるまで少しも気が付かなかった私は驚いてしまいました。私が子供の頃ずっと切望していたものを、子供にあげたいという気持ちが完全に裏目に出てしまったからです。私は自分の愛情の表現について、こう考えた結果だと子供に話しましたが、それがどう伝わったかは正確にはわかりません。  

このようなことは世界中の様々な場面で起きていることだと思うのです。   

良かれと思ってしたことが、相手にそう受け取ってもらえないこと。 例えば、うつ病の方に頑張ってという言葉がけはしてはいけなということは少しずつ多くの方が知り始めていると思いますが、まだ知らずに心から回復を願う応援の気持ちとして、頑張ってという声をかけてしまうという方もおられると思います。 その時の双方の心のやるせなさ。

まさに、誰も悪くない、ということは世の中にはたくさんあると感じます。この【誰も悪くない】という認識こそが、間違って受け取られてしまった言葉や気持ちを、唯一穏やかに赦す大切なキーワードであると思います。

ここでは混同を避けるために深くは掘り下げませんが、真理の世界において魂レベルではさらに、誰も悪くないという認識が重要となってきます。


それぞれの認識が異なるこの世界で、心が伝わりそびれた時でも、誰かのせいにしなくても私たちは問題を赦し進むことができる。

私たちはそんな智慧を持っているということを忘れずにいたいです。



NEW

  • 欠乏感を見つめる【東京のヒプノセラピーサロンCOUCHE JOURNEY】

    query_builder 2021/09/16
  • 感情は通り過ぎていくもの【東京のヒプノセラピーサロンCOUCHE JOURNEY】

    query_builder 2021/09/08
  • 貧しいことは美しいこと【東京のヒプノセラピーサロンCOUCHE JOURNEY】

    query_builder 2021/08/31
  • 今を感じること【東京のヒプノセラピーサロンCOUCHE JOURNEY】

    query_builder 2021/08/24
  • ラジオトークさせていただきました⭐︎【東京のヒプノセラピーサロンCOUCHE JOURNEY】

    query_builder 2021/08/23

CATEGORY

ARCHIVE